弱毒生ワクチン(じゃくどくまなわくちん)

毒力は弱めた感染力を有する病原体を用いたワクチンで、天然に存在する弱毒株を用いる場合もありますが、多くは培養細胞内で継代を重ねて弱毒変異株を選択し、ワクチンとして用いられています。感染を起こし体内で増殖するので、副作用の危険は不活化ワクチンに比べると大きいですが、比較的強固でかつ自然感染に近い形で免疫が得られる長所があります。ヒトに用いられている生ワクチンの例として、細菌では結核、ウイルスでは痘瘡、黄熱、ポリオ、麻疹、おたふくかぜ、風疹などがあります。