抗体(こうたい)

抗体とは、病原体などの異物(抗原)が体内に侵入してきたときに、これを撃退するために免疫系でつくられる物質のことで、血清の中の蛋白質成分に含まれています。一般的には免疫グロブリン(Immunoglobulin=Ig)の総称であり、2本の重鎖と2本の軽鎖が組み合わさって出来ています。抗体は免疫反応の中心的な役割を持つ最も基本的な糖蛋白です。