蛋白質抗原(たんぱくしつこうげん)

抗原とは一般には人などの体に入る病原体などの異物であり、体内で抗体(後述)産生をうながす物質とされていましたが、厳密には免疫原性(生体内に投与された時に、特異的に結合する抗体を産生させたり、特異的に反応しうるTリンパ球を生じさせること)と免疫反応性(産生された抗体あるいは、感作リンパ球と特異的に反応できること)の二つの性質に関係する物質と規定されています。抗原の種類には蛋白質抗原の他に、多糖抗原(細菌の莢膜抗原、血液型物質など)、脂質抗原、核酸抗原 (通常、蛋白と結合することにより抗原性が生じる)等があります。