免疫誘導能(めんえきゆうどうのう)

ワクチン等が生体内で免疫系に認識され、抗原特異的な抗体産生やTリンパ球の活性化などの免疫反応を起こす能力。